「青薔薇工房」陶芸家富やん

工房雑記帳の更新情報

2018.03.07
YUKIが、記事を投稿しました。(庭草木)
2018.01.30
YUKIが、記事を投稿しました。(陶芸)
2018.01.30
YUKIが、記事を投稿しました。(陶芸)
2018.01.25
YUKIが、記事を投稿しました。(アート)
2012.01.26
YUKIが、記事を投稿しました。(アート)
2010.09.05
YUKIが、記事を投稿しました。(庭草木)
2010.09.01
YUKIが、記事を投稿しました。(魚)
2010.08.30
YUKIが、記事を投稿しました。(庭草木)
2010.07.30
YUKIが、記事を投稿しました。(庭草木)
2010.07.30
YUKIが、記事を投稿しました。(庭草木)

更新情報

2018/01/25
青薔薇工房ホームページ開設

青薔薇工房 陶芸家 富やん

青い薔薇(バラ)の絵をモチーフにした、コーヒーカップ、フリーカップが代表的な作品です。 フリーカップ、コーヒーカップ、茶碗、湯呑、皿、等の手作り陶器の一品物の作品を作っています。 秋桜(コスモス)・麦(ムギ)の絵付けも多く手掛けております。 石ころアート(石猫)、とんぼ玉(トンボ玉)も製作しております。 絵付け、手作りに拘る北九州市の陶芸家です。

工房雑記帳とは
富やんは、やきものを作ったり、炭を焼いたり、石に絵を描いたり、庭の花木や魚の世話をしたりしています。作品や、身のまわりの植物、生き物などをまじえながらその日の気分をつづっています。当サイトのメインコンテンツとなるでしょう・・・。

※富やんへのお問い合わせ

作品の入手を読んで頂けると幸いです(準備中)。工房への訪問も大歓迎いたします。陶芸体験もできるかも!?

■青いバラ(Blue Rose)の花ことば
「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」
「mystery(神秘的)」「attaining the impossible(不可能なことを成し遂げる)」「love at first sight(一目惚れ)」

■ブルーローズの物語
古くから、青いバラの品種を生み出すことが世界中のバラ愛好家の中では夢とされており、青いバラは「不可能」という意味も持っていました。サントリーがその夢への挑戦をおこない、14年の年月を経て、2004年に開発の成功を発表。世界初の青いバラの誕生と大きな反響を呼びました。2009年から「サントリーブルーローズ アプローズ」(花言葉「夢かなう」)として発売しています。

「くつろぎのひと時」のマイカップに、青薔薇工房の作品をご愛用頂けると大変うれしいです。 陶器は贈答品(ギフト)にも喜んで頂けます。 全国発送も請け賜ります。 手作り陶器のご用命は青薔薇工房・富やんを宜しくお願い致します。

Menu

青薔薇工房

福岡県北九州市小倉南区
TEL:090-9407-5082
受付:午前9時〜午後7時